4スロットあるからといって4枚差したらいいわけではない

パソコン
この記事は約4分で読めます。

現行のRyzen 2000番台のCPUにおいては、メモリの動作スペックが底上げされていて、さらに動作の安定性も向上しています。

マザーボードの仕様から、搭載できるメモリ容量を確認しスロット数で割ったものを探していたら、思ったよりも早くなかった・・・ってことはありませんか?

もしかしたら、パソコン購入時のメモリに空きスロットがあって、規格に合ったものをパソコンの上限まで容量を増やす目的で増設していた

もしくは、速度が出ているかどうかを気にする必要がなかっただけかもしれませんね・・・

AMD製のCPU「Ryzen」を搭載したパソコンを使ってみたいなら、メモリのことを詳しく知っておくことでパーツの予算配分を変えることができます。

そして、よりコストパフォーマンスのいい自作パソコンを手にすることができますよ!

Ryzenでのメモリ速度

デスクトップパソコンでも、4スロットすべてをメモリに使っているものもあれば、2つだけ使っているものもあります。

パソコンの販売価格にも影響しているので、一概に2枚だから高性能というわけでもないし、4枚だから性能が悪いというわけでもないです。

メモリの動作速度は、メモリの規格や使用枚数で変わる

Ryzenでは、メモリの規格や使用枚数によって動作する性能(処理速度)が変わってしまう仕様だということは気をつけないといけません。

  • デュアルランク4 > 1866MHz
  • シングルランク4 > 2133MHz
  • デュアルランク2 > 2400MHz
  • シングルランク2 > 2667MHz

メモリの動作スペックが2667MHzであったとしても、スロットすべて4枚つかってしまうと処理速度が落ちるってことだと思ってもらえればOKです。

DDR4のメモリはDDR3に比べると低電圧で高クロックのものが出ているけど、深く考えずにメモリ容量を優先して4枚差してしまうと(定格の)速度は出ません~ってことになる。

Nah.Cukaはどうしたのか

わたしは、一番性能がでやすい構成を選ぼうとしました。

シングルランクのメモリを2枚差しにする構成です。

さらに、少しでも速く動作してくれるかも!ということで、オーバークロック動作に対応しているメモリから選びました。

私が使っているメモリの詳細について、こちらにまとめています。

初!CorsairのDDR4メモリ

発売当初は、実際に手にしてみないとわからない部分があります。

技術的に、何も対策ができないのであれば、そういうものだと思って買うか買わないかを決めればいいんですよ…

シングルランク、デュアルランク

4GB、8GBのメモリにおけるシングルランクとデュアルランクの違い、見分け方はこちらのサイトを参考に理解したつもりです

ただ、Ryzenでシングルランクのメモリ2枚で16GB、予算に都合がつけば16GBのメモリ2枚で32GBまで搭載しつつ、対応しているクロックの最高値2667MHz以上で動かしたいなぁ・・・と思ってしまった場合に、AMDやマザーボードのサポート状況から判断できないものは手元に届いてから後悔することになる・・・

Ryzenが発売された当初、2400MHzまでだったのが現在ではBIOSのアップデート対応で2667MHz以上の動作も確認できるようになってきています

引き続き、AMDやマザーボード各社の対応を期待したいですね

AMDの対応、マザー各社の対応

AMDの対応

ゲームやソフト側のRyzenに対しての最適化というのは性能が出しやすくする改善になり
AMDでの改善は、そもそもの性能改善という感じにはなると思います

すでにIntel製CPUと最適化している、ゲームやソフトなんかであれば期待薄い感じがしますね・・・

マザー各社の対応

AMDからの情報提供から、マザー各社でBIOSのアップデート対応がはじまるかどうかまでは理解できていませんが・・・
不思議なことに、更新タイミングがマザーボードによって変わってくる

デスクトップパソコン市場が、マザーボードのメーカーにとっての優先度というか、対応力があるかどうかでもこれからマザーボードを選ぶ場合には参考にしたいですね
あまり気にならない・・・のは、メモリ速度のことに興味がないってことになりかねませんが(; ・`д・´)

まとめ

Intel製CPUを搭載しているパソコンであれば、AMDのようにメモリ速度を少しでも早くしたいとか考えなくても、もともと速いっていう性能の違いがあると思います

CPUの性能としても、コアの処理能力でまだまだ差が・・・ FXシリーズのころに比べたら、大いに歓迎したい改善でしたけどw

とはいえ、まだFX-8370がメインPCの私にとっては Ryzenでもメモリを選ぶときには気を付けるポイントでありますが・・・

デュアルランクのメモリを4枚つかって、1600Mhzで妥協した理由がこの記事の内容と関連性があったのかもしれないと思えて、腑に落ちた感じです

せっかくOCメモリで1866MHzだろうと思っていたのに、設定を詰めていっても1700MHz届かなかったですからw

コメント

タイトルとURLをコピーしました