モナを投げる!

wordpress
この記事は約3分で読めます。

askmonaのサイト内にて「ブログでもモナを投げよう!」スレが立ち上がり・・・ Wordpressの公式から正式に承認され、プラグインに登録されました

このaskmonaでは、けっこうMonageが行われている感じの印象がありますが、1つのコミュニティ内でのやりとりであって・・・

ここを知らない人たちからすれば、投げ銭って初詣とかお参りのときに神社ですること
それを、仮想通貨のモナコインでやる行為って・・・ 何が起こっているんだw って感じで見てしまうと思います

1つのSNSから、Web上でも投げ銭が行われるようになるかもしれない「きっかけ」になります

WordPressでサイトを持っている人なら、この投げ銭ができる環境をアクセスしてきた人に利用してもらいやすくなったわけで、今後の動向としては・・・ アクセスしてくる人たちの投げ銭に関しての理解度によって、積極的に利用されることになるかもしれないし、新手の広告か?みたいな感じで一時的に興味をもってもらえるだけかもしれない

さて、どうなっていくことやら・・・(; ・`д・´)

Monacoinを投げられるプラグイン「Monage」

開発者の方が、アイコン画像の申請中...とのことで、現在はこの画像ではないです(; ・`д・´)
承認がおりればきっと、こんか感じのステキなアイコン表示になると思います!

「Monage」プラグインの設定、使い方

2017/11/28公開の開発者:Raspiさんのページにて、Monageプラグインの設定方法について紹介されています

プラグイン検索から「Monage」と入力すると、このMonacoinの投げ銭プラグインだけが表示されます(2017/12/3現在)
有効化するだけでも本文の下のところに挿入されます

あとは設定として、投げ銭の相手(連携させたいTwitterのID)と投げ銭の額(何Monacoin)を適宜変更してください

Monageを有効にすると...

記事本文の最下部に、こんな感じで画像(リンク)が追加されます

位置調整には、<br>タグを使ってくださいということなので、今後は配置したい場所の指定とか、サイズの指定などもできるようになるかもしれません

まとめ

プラグインを作れることも、英語をつかってWordpressの公式とのやりとりができること、そして・・・ 発案・企画された方々も含め、関わっている人たちの行動力には「すごいなぁ」と思ってしまいます

TwitterやFacebookでは「いいね!」を気軽に押してしまう私ですが、近い将来・・・Monageも似たような使われ方が世間一般的に使われるってことも考えられます
買い物やサービスの利用で、少しずつ広まってきている仮想通貨の利用シーンとはちょっと使い方が違うとは思いますが、仮想通貨の利用者が増えることで認知度アップ、イメージの変化につながっていくと思います

一方で、税に関しては法整備が進められているところで、このプラグインのような投げ銭については・・・投げる側の金額によって、変わってくると思いますが、1円にも満たない価値の投げ銭であれば気軽に利用できると思う反面、20万とか・・・年間での総額が超えてきてしまうと所得になるのか贈与になるかはともかく、税が関わってきそうな感じもあります

MONA(Monacoin)の価値でいくと「1MONAが700円」を超えてきており、ビットコインのように1BTCが100万円超え・・・となるかまでは想像もつきませんが、現状で思いつく対処としては「ウォレットでのアドレス分け」です

Monageに限らず、取引用・マイニング用・投げ銭用・・・といった感じで分けておくと、ウォレットとしては合計されても入金元がわかれば後からでも切り分けできそうです
※小額かつ多数、投げ銭を1年ごと(確定申告前)にバタバタとか・・・したくないですね(; ・`д・´)

コメント

タイトルとURLをコピーしました